トピックス

2017.9.12 観光振興をテーマとした産学官連携による新たな取り組みについて

この度、当社では地域の観光振興を目的に、インフラ資源を中心とした観光資源の掘り起こし・磨き上げと、そのプロモーション効果の可視化を図る初めての取り組みを、川崎町、東北大学大学院工学研究科インフラマネジメントセンターとの連携により始めることになりました。

その取り組みの第一弾として、8/19(土)にイベント「ダム探検&コンクリートのひみつ!!」を「釜房ダム」にて開催しました。

また、新たに開発したスタンプラリー機能付きのスマートフォンアプリを試験的に運用した、川崎町内の町巡りも開催。観光行動のルートやパターンなどの調査もあわせて行われ、今後の観光施策の立案に結び付けます。

今後のプログラム展開として、第2弾は、10/14(土)に第一回川崎町フォトロゲイン大会の実施を予定しており、11月にも同様のイベントを計画しています。

p01        写真①
写真左:8/19(土)イベント当日の様子
写真右:報道機関向けに事業概要を説明した様子

 

■河北新報(9/3朝刊)に当日の様子が掲載されました。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170903_15018.html
【(河北新報 ONLINE NEWS)<川崎町>産官学連携 インフラを観光資源に(9月3日)】

■川崎町の観光振興をテーマとした産学官連携による新たな取り組みプログラム
産学官連携によるインフラツーリズムに関する取り組みスキーム【PDF:373KB】

■せんだいタウン情報 machico 「ダム探検&コンクリートのひみつ!!」ツアー取材レポート
http://machico.mu/special/detail/616

■川崎町フォトロゲイン大会 参加者募集
http://machico.mu/special/detail/579

トピックス一覧へ