事業ドメイン

Works 事例

山形県寒河江市『紅秀峰品種登録30周年記念』プロモーション事業

Clicent /寒河江市農林課農業振興係

 

当社は、山形県寒河江市『紅秀峰品種登録30周年記念』プロモーション事業を寒河江市より受託。

 

紅秀峰とは…
さくらんぼの品種の一つ。寒河江市島地区にある山形県立園芸試験場において交配され、1991年に品種登録されました。特徴は見た目の粒の大きさと美しさ、そしてパリッとした食感と、酸味が殆どなく甘さがダイレクトに感じられるところ。

 

事業の内容は2021年に品種登録30周年を迎えるにあたり、紅秀峰のブランド確立・推進に向けた取組の実施です。

当社は、紅秀峰と消費者のコミュニケーション促進によるブランド力の向上を目指し、紅秀峰に多方面から親しむ機会つくります。多方面へ拡散することだけを考えるのではなく、寒河江市や東北の方々にもっと紅秀峰を食べてもらいたい、愛してもらいたい、という視点を大切にしたプロモーションを行います。

 

実際に行ったことを2つご紹介します。

 

1.山形県出身、波及効果を重視したタレントの起用

 

山形県出身の演出家でテレビプロデューサーであるマッコイ斉藤氏を起用。山形愛にあふれ、その人脈で様々な著名人やメディアを通じ山形県をアピールする広告塔を率先して担っています。現在、とんねるず石橋貴明氏のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」の総合演出も行っていて、当事業では総合的なプロデュース及び自らがタレントとして紅秀峰のPRを、さらにYouTubeやInstagramなど自身のSNSでの配信も行っていただきます。

 

2.30周年記念イベントを寒河江市と仙台市の2会場で実施

 

寒河江会場をメインに、仙台市の勾当台公園内にあるカフェ・レストランRoute227s’Cafeでも寒河江会場とオンラインで中継をつなぎイベントを開催。紅秀峰の販売会も行います。また、イベント当日までの1か月間は寒河江市産の食材を活用したオリジナルメニューも提供します。

また、当社の自社メディアであるせんだいタウン情報machicoやグループ会社である(株)プレスアートが発行するタウン情報誌などを使いイベント告知やプロモーションを実施。

Credit

Producer /
Creative Director /
Designer /

一覧へ