事業ドメイン

Works 事例

2018年宮城県村田町PR動画「証-AKASHI-」

Clicent / 宮城県村田町

宮城県村田町PR動画 2018「証-AKASHI-」

-MURATA MIYAGI JAPAN Promotional Video-

 

「村田町がどんな町か・何があるのか、をたくさんの方に知ってもらう」をテーマに、町への移住・定住に関心をもってもらうことを目的に制作しました。

制作にあたっては、村田町の多くの皆様にご協力をいただきました。

 

タイトル「証」

には、以下の2点についての意味が込められています。
「村田町に受け継がれてきた確かな歴史」
「村田町にしかない確かな価値」

 

コンセプト

「村田町の“物語”を伝える」
村田町に受け継がれてきた確かな歴史、村田町にしかない確かな価値、
その根幹にある「物語」こそが人の心を動かす

 

制作のポイント

・仙台出身で全国的に活躍をするラップグループ「GAGLE(ガグル)」に音源制作を依頼しました。全国にコアなファンが多い彼らの発信力にも期待しました。

・宮城県出身のプロのバレエダンサーを起用し、村田町の歴史や魅力を横断する役割をダンスで表現。ダンサーの感情に任せる即興のダンスで、新たな魅力の表現と気づきが広がることを期待しました。

・GAGLEの歌詞は、最後まで聞きたくなる内容です。その歌詞に合わせ、ミュージックビデオを作るように「曲とリンクする」心地よさのある映像表現を追求しました。また、ダンサーの幻想的な表現と村田町の映像をリンクさせ、次のシーンへの期待感を煽るよう構成しています。

・曲のベースは、村田町を代表する祭り「布袋まつり」のお囃子です。町民にとっては聞き覚えのあるメロディであり、知らない方にとっては日本的でノスタルジックな音色が興味を引き、言葉の魅力を高めています。村田町が受け継いできた伝統ある音色を使うことにより、唯一無二の楽曲に仕上がりました。

・撮影機材は、東北で初となる映画用カメラを使用しての撮影。映像業界でも話題となることを狙いました。

 

村田町プロモーション動画紹介ページ

Credit

Producer / 佐藤 広美
Creative Director / 岩本 理恵

一覧へ