saiko

【社長対談/JIMOTO】地域を愛し、 愛される会社を 目指して(第1章)

古紙回収やリサイクルなどの事業を行う株式会社サイコー。2018年に仙台市の「四方よし」企業大賞を受賞した会社は、サプライズ&サービス精神に満ちあふれていました。エントランスのウェルカムボードには、「Welcome toユーメディア」。想いのこもった手描き文字の温かい歓迎を受け、両社長の対談がスタートしました。

今野/まずは仙台「四方よし」企業大賞(※1)の受賞、おめでとうございます。サイコーさんは古紙リサイクルポイントシステムなど新しいビジネスを生み出している一方、職場環境の向上にも力を入れてらっしゃいますね。

(※1) 仙台「四方よし」企業大賞…「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」に加え、企業を支える従業員によってよりよい職場環境づくりに取り組む「働き手よし」を実践している魅力的な中小企業を表彰する制度。

 

齋藤社長/ありがとうございます。これからは中小企業が地域を支える時代だろうと考えた時に、「社長がやりたいからやる」よりも「社員がいきいき働ける環境を作らないと始まらない」と思ったんです。個人でやれることには限界がある。社長も社員も能力は一緒で、ただ、責任の大きさと経験の数が違うので、僕の提案できるメニューの種類が多いというだけ。大きな方向性を決めて「こうしよう」というアイディアは出しますが、実際に考えて動かしていくのは社員たちです。
うちは、お客さまに感動してもらうことを経営方針の一つにしています。それは社員の感度が高くないとできません。まずは誰もが基本のことをできるように作業の平準化を目指して「CD(顧客感動)マニュアル」(※2)を作りました。これを会社の財産にするんだ、と始めたものですが、完成に1年かかりましたね。

(※2)CDマニュアル…身だしなみや挨拶など社会人としての基本と、業務上の基本をまとめた社内マニュアル。 CD(顧客感動)委員会の若手社員たちが冊子にまとめ、レベル1「経営理念編」、レベル2「行動規範編」などを制作。年々バージョンアップしている。

 

今野/今の「感度を高める」という部分はとても共感できます。私が入社した約15年前は、お客様のニーズに対応するために「遅くまで残ることが美徳」という風潮がありました。結婚や出産を機に、「会社も仕事も好きなのに、家庭と両立できない」と辞めていく女性も多かった。
そこで考えたのが、ワークライフバランスを整えることでした。というのも、長時間労働の問題は女性に限った話じゃないなと。「自分の時間を充実させることが、感度を高めるんだ」と舵を切って、イクメン部会(※3)なども立ち上げました。

(※3) イクメン部会…子育て世代の男性社員を中心に、仕事とプライベート・子育てを楽しみながら自分自身も成長する働き方を検討する部会。月2日のノー残業デーを知らせる「イクメンバッヂ」などを導入。

 

齋藤社長/感度を高めることは、お客さんや地元のためでもありますよね。うちの社内には「CD委員会」のほか、「はぴねっと」(※4)など委員会がいくつかあり、そこでは若手を活躍させたいと思っています。変化の少ない仕事なので、チームを組んで新しいことを考えてもらうのは、風通しもよくなるし会社の活力にもなりますね。企業価値を高めて、地域に貢献することにつながっていくと思います。

(※4)はぴねっと…経営方針の「しあわせ、ゆとり、豊かさ」を味わう企業を実現するために、若手社員で組織したプロジェクト。福利厚生の一環として、畑での野菜作りを行っている。

 

今野/社員のために、と考えていくとつい「みんなが楽になる」方向に行きがちだけど、スタッフ一人ひとりが「地域のために何ができるか」を考えている点が素晴らしい。若手から自発的に意見があがってくることと、トップダウンで進めること、両方が大切ですね。

 

 

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)