「WIT2018宮城」分科会に登壇しました

「WIT2018宮城 WORK&WOMEN IN INNOVATION SUMMIT」が、10月23日(火)、24日(水)の2日間、仙台国際センターを会場に開催されました。

 

■WIT2018宮城 特設サイト

http://wit-workwomen.jp/

 

WITは、平成28年に三重県で開催されたG7伊勢志摩首脳宣言を受け、同年三重県で開催されました。翌年広島県で開催され、今回はそのバトンを宮城で受け継いで開催するものです。

 

 

ともに拓く ひとりひとりが 輝く未来へ

~魅力ある「働き方」と「女性活躍」のムーブメントを宮城から~

 

をメインテーマに、基調講演・二つのセッションと二つの分科会、講演会とワークショップなど、盛りだくさんのプログラム。

加えて、ビジネスウーマンコレクションやスターショーなどのエンターテイメント性の高いプレゼンテーションや、ランチ&ネットワーキングタイムが設けられ、素晴らしいフォーラムとなりました。

 

 

このフォーラムの中で、弊社社長の今野均は、「ダイバーシティ先進企業による東北から発信する人づくり」と題した分科会1に、パネリストとして登壇しました。

宮城の企業として、また「平成29年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」の受賞企業として、自社の取組を紹介させていただきました。

モデレーターは、東北経済産業局の女性初の局長、相樂希美局長。

パネリストには、郡和子仙台市長、宮城を代表する企業として株式会社七十七銀行 常務取締役 鈴木広一様、岩手県から株式会社水清建設 総務課長 瀧恵子様、秋田県からVenus Club代表/オルウィーブ合同会社代表 竹下香織様が登壇され、東北全体の取組をそれぞれのお立場から発表し討議しました。

 

 

最後には、各界のリーダーが、魅力ある「働き方」と「女性活躍」を加速するための共同宣言を行い1日目は終了しました。

 

 

貴重な機会をいただき、地元企業として自社の働き方や女性活躍をさらに推進するとともに、地域の魅力ある働き方の推進に貢献していきたい、という思いを新たにしました。

 

■せんだいタウン情報machico 特集

よく聞く「女性活躍」「働き方改革」って実は身近な問題。『WIT 2018』宮城県 初開催

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)