heda

【社長対談vol.02/JIMOTO】仙台・宮城を盛り上げる地元企業として(第1章)

「個別教室のアップル・家庭教師のアップル」でおなじみの株式会社セレクティー。かつて学校教員だった畠山明氏が「生徒一人ひとりに寄り添い、時間をかけて丁寧に接したい」と立ち上げた企業です。経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」にも選ばれた同社の陽光射し込むオフィスで、両社長が和やかに語り合いました。

 

 

今野/畠山社長には、先日、私が会長を務めているPTAで「自己肯定感の育て方」について講演(※1)をしていただきまして、その節はありがとうございました。参加されているのは小中学生の子育て中のお母さんたちが多かったんですが、皆さん、「ありのままの自分でいい」というお話に感激してましたよ。

(※1)※自己肯定感を育む取り組み…子どものやる気を引き出すコミュニケーション法を活かし、小中学生を持つ親の子育て支援として、2012年より新聞社や学校PTAと連携したセミナーや出版を実施。

 

畠山社長/いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました。お母さん方って、普段とても頑張っているのにお礼を言われることがないんですよね。なのに、様々なことが「やって当たり前」だと思われるとイライラしてきますし、それは子どもにも影響していく。友人とお茶したり、一人で過ごす時間を持つことは息抜きに必要です。そういうのは無駄な時間じゃなくて、セルフケアのために大切なことなんですよ、とお伝えしています。

 

今野/私自身は本を読んだりして息抜きの時間を作るように心がけていますが、仕事をする上で周りの自己肯定感を高めること、育ててあげることは大切だなと講演を聞いて改めて思いました。ビジネスにも活かせる考え方ですよね。

 

畠山社長/息抜きに本を読むのは私も同じですね。企業として利益を出すことは大事ですから、時には社員に厳しいことを言わなければいけない場面もあるでしょう。でも、子どもがお母さんに嫌われたくないのと同じで、社員は社長に嫌われたくないと考えているはずです。そういう時は誰かと比べるのではなく「私はこう思う」と伝えてあげると、その方自身を否定することなく、今野社長のメッセージがきちんと届くと思います。

 

今野/なるほど、勉強になります。ところで、御社の事業運営でも「お母さん」は重要なポイントになっていますね。

 

 

株式会社セレクティー様/関連サイト

◎ 個別教室のアップル http://www.apple-kobetsu.jp/

◎ 家庭教師のアップル http://www.apple-net.jp/

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)