heda

【社長対談vol.02/JIMOTO】仙台・宮城を盛り上げる地元企業として(第3章)

 

畠山社長/今野社長ご夫妻は、我々にとってもロールモデルです。働き方の変革がお二人のリーダーシップで進んでいるところが素晴らしいと思います。うちも「しくみ化」は課題の一つです。ユーメディアさんのように業界を牽引している企業が、地域の会社のモデルになってもらえると地元企業としてはとても心強いですね。

 

今野/いやいや、こちらこそ心強いですよ。もし我々の会社に共通項があるとしたら、メンバーが自主的に「こうしたい」と案を持ってきてくれるところかもしれません。行動が成果を生み、認められることでまた新しい行動につながっていく。外部から評価をいただくことで自己肯定感を強められるので、いい循環ができていくんじゃないかと思います。

 

畠山社長/そうですね。教育サービス業は遅くまで仕事することが多い産業ですが、うちでは遠隔地でも可能なテレワークやリモートワーク(※7)を取り入れて人手不足を解消しているところです。もともと生徒さんが増えていったのは口コミでしたが、今はスタッフも人づての紹介で増やしています。ES(従業員満足)が高いので、紹介されることが多くなってきました。あらかじめ人柄や仕事内容がわかっていますから採用率もあがりますし、その分コストを下げられます。

(※7)※リモートワーク…女性スタッフの家族転勤に伴い、京都・青森と仙台をつなぐリモートワークを5年前から導入。外部PCから本社PCを操作できるシステムと常時スカイプを利用し、遠隔地でも出勤時と同様の仕事ができる環境を整えた。現在、時短スタッフもこのシステムを利用している。

 

今野/リモートワークは実際に拝見しましたが、画期的で驚きました。うちでも現在、検討を進めていることの一つなので、ぜひ参考にさせていただきます。ほかにも震災遺児への学習サポートなど、CSR(社会貢献)活動をされていらっしゃいますよね。

 

畠山社長/震災後に、一般財団法人「学習能力開発財団」を設立し、避難所でボランティアによる学習指導を行いました(※8)。
子ども時代を気仙沼で過ごしたこともあり、長期的な取り組みとして今でも震災遺児・孤児への無料学習サポートを継続しています。発達障害など特別なニーズのある子どもたちに対して個別のプログラムを組むこともありますし、富谷市の障害者施設で働く方にアップルグッズを手作りしていただいています。心のこもったアイテムは生徒さんにも喜ばれていますよ。

(※8)学習能力開発財団…子どもたち一人ひとりに合う学習方法を研究するための財団として、2011年6月に設立。個別指導や質の高い学習支援のノウハウを活かし、子どもたちの自信回復と夢の実現をサポートしている。

 

今野/社会貢献、地域貢献につながることを色々な形でなさっているんですね。当社では、新生産拠点(※9)で印刷工程の見学受け入れなどを積極的にしていく予定です。未来を担う子どもたちや地域の人々に知っていただくためにも、開かれた会社を目指していきたいと考えています。

(※9)新生産拠点…印刷センターに交流スペースを併設する、六丁の目の新拠点。2018年9月に第一期工事が完了した。

今野/女性が多く活躍している企業の取り組みとして、参考になることがたくさんありました。一社で殻を破ることも大切ですが、自社だけでやりきれないことは他社と連携していくことも必要だと感じています。事業領域の拡大やCSR活動についても、連携することでもっと活動の幅が広がるだろうし、地域社会に対してもPRできることが増えていくのではないかと感じました。セレクティーさんとも一緒にやれることがあると思うので、今後はビジネスアライアンスを組んでいけたらいいですね。もっと詳しく伺いたかった部分もあるので、またお話できたらと思います。

 

畠山社長/今回はダイバーシティという共通項でお話しさせていただきましたが、地元企業の先輩として非常に心強く思っています。我々は地域に細やかで幅広いネットワークを持っていますので、それを活かして、ユーメディアさんのように地域への影響が大きい会社と一緒にやれたらと思います。得意分野の教育はもちろん、CSR活動でもお役に立てる部分があると思いますので、仙台・宮城を盛り上げる地元企業として手を携えていきたいですね。こちらこそ、色々とお話を伺えてよかったです。ありがとうございました。

 

子どもたちとお母さんのために(第1章)に戻る

「愛」があるからできること(第2章)に戻る

 

株式会社セレクティー様/関連サイト

◎ 個別教室のアップル http://www.apple-kobetsu.jp/

◎ 家庭教師のアップル http://www.apple-net.jp/

Credit

Creative Director & Designer/ 田向 健一
Writer / プレスアート 梅津 文代

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)