bana

【社長対談vol.05/JIMOTO】未来の「地域づくり」を考える(第1章)

仙台市泉区を拠点に、45年にわたって不動産業を営んできた株式会社山一地所。現在は不動産業を中心に、建設業、賃貸管理業、相続コンサルティング、リノベーション・リフォーム業に事業を成長させ、地元企業として、仙台のまちづくりを牽引しています。街に寄り添い、そこにある思いを形にしてきた同社の渡部洋平社長と、「未来の地域づくり」をテーマに語り合いました。

 

 

(左)宮城県 仙台市(広瀬川と市街地)※写真提供:宮城県観光課

(右)山一地所/地域での活動の様子

 

―山一地所さんは日頃から、地域活動に積極的に参加されていると伺いました。
どのような思いから、活動に取り組んでいるんですか?

 

渡部社長/創業者である私の父親の代から、「地域の役に立ち、皆様から愛される企業を目指す」という思いを持って、社員とともに様々な活動をしています。例えば、会社の近くにある神社の秋祭りには、神輿の担ぎ手として、毎年10人ほどの社員が参加しています。

また、泉中央地区では、春と秋の地域清掃活動や、夏の「泉区民ふるさとまつり」翌朝の一斉清掃など、毎回30人ぐらいの社員が自主的に参加しています。今は、若林区の店舗がある上荒井地区でも、お祭りやイベントへの出店や清掃活動に参加させていただいています。いつもお世話になっている方々への恩返しはもちろんですが、こうした取り組みを通して、地域の賑わいを創出できればと考えています。

今野/創業当時から事業を展開してきた泉地域への愛着や思いを、社員の皆さんがしっかりと理解して、自発的な行動につながっているんですね。

渡部社長/そうですね。私たちの会社は、この地域やオーナー様のおかげで発展してきたと思っているので、これからも変わらず、泉を拠点にして頑張っていきたいなと。社員には、「地域の活性化に比例して、そこにある企業も成長する」ということをことあるごとに伝えています。

今野/渡部社長が今お話されたことこそが、私たちとの共通項だと思います。というのも、我々は、印刷業を中心とした「ものづくり」を仕事にしていますが、地域に元気がなければ仕事は生まれないし、仕事がなければ、我々がお手伝いできるプロモーション支援の機会も減ってしまいます。だから、「自分たちで地域を元気にしよう」と考えたんです。
特に東日本大震災以降、この地域の中で、我々が何を指針にして進むべきかをしっかりと社員に示す必要があると感じたので、「おもいを、カタチに。みんなを、ゲンキに。私たちのすべては、その実現のために。」というネクストビジョンを掲げました。これによって徐々に、地域の課題解決を主体的な事業として展開できる社内の体制が整ってきました。

渡部社長/我々の会社にも、父親の代から社是・社訓・経営理念があるのですが、私自身は、時代に合わせてより分かりやすい形でまとめたいと感じていました。山一地所が、何のためにこの地域に存在しているのかという明確なビジョンが必要だと。

そして今年6月、「誇れる故郷を、未来へ」というビジョンを打ち出しました。未来を生きる人たちに、良いふるさとを残したい。そんな思いを込めました。不動産は相続されていくものなので、世代間をつなぐことも私たちの仕事です。「不動産を通じて人と地域をつむぐ」という最大の使命を果たすために、これからもこの地域とともに成長していきたいと思っています。

 

関連サイト

◎株式会社山一地所 ホームページ

Credit

Creative Director & Designer/ 田向 健一
Interviewer & Writer / 澤田 朱里

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)