17

【社長対談vol.06/JIMOTO】ポストコロナの地方中小企業の未来(第1章)

明治時代に米穀肥料の卸売業として創業し、現在は仙台市中心部の新寺でホテル「ANAホリデイ・イン仙台」の経営を行う株式会社福田商会。そして、福田商会の子会社として創業事業を受け継ぎ、発展を続けるフクダ物産株式会社。グループ全体で地域に寄り添い、その変化に呼応して農業資材・建設資材の販売から農産物流通、飼料用米の契約栽培、不動産賃貸業、そしてホテル経営など事業を拡大してきました。
今回のJIMOTO対談では「ポストコロナの地方中小企業の未来」をテーマに、株式会社福田商会 代表取締役専務、フクダ物産株式会社 代表取締役社長として、卸売業とホテル事業双方に深く関わる福田大輔氏と対談を行いました。新型コロナウイルスで社会が大きく変化する中、地域とその変化とともに事業の形を変えてきた両社長が考える「地域の未来」とは。

 

 

―今回コロナウイルスの感染拡大によって社会が大きく変化していますが、
現在の事業の根底にある姿勢や考え方はありますか?

 

福田専務/福田商会は明治19年創業なので、何度かの戦争や震災、そしてスペイン風邪も経験しました。それを乗り越えて今会社が残っているのは、地域の方々やスタッフのおかげだと思っています。
私たちの会社は肥料の販売からスタートし、そこから飼料、建設資材、不動産事業まで事業を拡大してきましたが、今回、一次産業はやはり国の礎だと実感させられました。コロナ禍の緊急事態宣言の下でも、国民生活・国民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者においては業務継続を依頼するガイドラインが農水省から示され、これに対応する責任を強く感じた次第です。今このような事業展開をしているのも地域やお客様の潜在的なニーズに対応してきたからこそですが、やはり地域に貢献することが大切だとあらためて感じましたね。

 

今野/一次産業の視点でいうと、東日本大震災の際に「衣食住に直接関係しない我々の仕事は本当に必要なんだろうか?」と悩んだんです。最終的には、情報発信をする我々の会社は必要だと結論付けたんですが、それがちょうど代替わりのタイミングでもあったので、情報産業の一翼を担う会社として何を目指すかをネクストビジョンとしてまとめました。企業として利益を追求することも当然ですが、「循環する地域活性化」を実現するために我々は存在するんだ、と。今回も、情報を届ける仕事は地域を元気にするために絶対必要だと再認識しました。

 

(左)福田商会創業時に設置していた肥料販売特約店の看板
(右)ユーメディア/工場に展示されている今野平版印刷時代の初号印刷機

 

福田専務/循環という考え方はおっしゃるとおりだと思います。循環や中長期的な視点がないと仕事は続かないですよね。今は厳しくても、中長期的に考えてやるべきことであれば、そこに舵を切るべきです。当社のホテルも、みんなが落ち込んでいる状況だからこそ、少しでも元気がある姿を見せることが今後のためになると思い、営業を続ける判断をしました。ホテルの営業にあたっては、従業員の手指の消毒やマスクの着用、フロント等へのパーテーションの設置といった基本的な取り組みはもちろん、レストランのメニューもペーパー化して毎日取り換えるようにしました。この他にも、インターコンチネンタルホテルズグループのグローバル基準「IHGクリーンプロミス」の取り組みを現場のスタッフが実践してくれています。
会社としても、地域の方へのこれまでの恩義も含めて、営業し続ける必要性があったと思っています。今野社長がおっしゃった循環を考えてのネクストビジョンに関しても、特にこのコロナ禍だからこそ重要になりますね。

 

(左)福田商会/消毒液やパーテーションなどの感染対策を実施
(右)ユーメディア/オンラインを活用して地域を盛り上げる施策も

 

今野/そうですね。一方で、これまでの都市型社会の考え方を変えざるを得ない状況になったので、弊社が主力事業のひとつにしているイベントは大都市圏ではオンライン化が進むと思います。ですが、やはりリアルな場は必要だと思うので、今後はオンラインの良さを活かしながらリアルと共存させていくべきだと考えています。今回、東北では爆発的な感染拡大になっていませんが、それは豊かな自然や、首都圏との適度な距離感が影響している気がします。そう考えると、東北をはじめとする地方が「体験の価値を提供する場」の役割を担っていくべきですし、我々はそれを推進していくつもりです。例年9月に開催している仙台オクトーバーフェストも今年は残念ながら中止とせざるを得ない状況ですが、何らかの形で楽しめるような、そして来年につながるような施策を検討しています。
観光に関しても、内需回帰の動きがありますよね。今まで観光客が少なかったところにお金を落とすことになりますし、新たな地方の良さが磨かれていくきっかけにもなると思うので、これに関してもやはり地方が牽引していくべきだと思います。

 

福田専務/私も同じことを考えています。自分たちの地元の良さを発見することも観光のひとつですよね。地域で残っているお店は、地元のリピーターの方々がいるからこそ残っているんです。そういう点では、どうしてもホテルは地元の方に利用していただく機会がなかなかないので、良い機会かなと。例えば、泊まらずにレストランを使ってみるだけでもいいんです。当社としても、新たなチャレンジとして、地元の方にリピートしていただくきっかけづくりができればいいなと思っています。

 

今野/あるべき姿を思い定めて一歩踏み出すことで、少しずつその輪が広がっていくものですよね。当社も、お客様の課題解決のために必要なことであれば、中長期的なビジョンを持って、新たな領域にも積極的にチャレンジすることが基本的なスタンスであり、それが業態の多角化にも繋がってきました。コロナ禍でも社員みんながチャレンジを止めないでくれたのは心強かったです。そういう意味でも、御社が今回大変な中でもホテルを開け続けたことはひとつのレガシーになると思います。

 

福田専務/ありがとうございます。中長期的な視点を持つことはこれからも変わりませんし、中長期的な関係づくりに対する姿勢は変えてはいけないのかなと思います。今回はこの地域だからこそやるべきことをしながら、次へのチャレンジをするチャンスですよね。こんな時代だからこそ、地域や周囲を変えるチャレンジをするイノベーターであるべきだなと思います。

 

 

株式会社福田商会様/関連サイト

ANAホリデイ・イン仙台

Credit

Creative Director & Designer/ 田向 健一
Interviewer & Writer / 上和野 佐恵

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)