新人naka_RGB

【2018年04月特集】ユーメディアの1年間:2017年度新入社員インタビュー

2017年4月に新卒入社した3人に、ワークショップ形式で取材! 1年前と今の自分を比較するチャート図を制作してもらいながら、社会人1年目を振り返ってもらいました。成長したと感じるところは? 社内の雰囲気はどんな感じ? お互いのチャチャも交えつつ、3人の本音をお伝えします。

【取材対象者】
営業部 マーケティングチーム 秋山 日奈
営業開発部 営業開発2チーム 千葉 洋裕
メディア事業部 メディアコンテンツ2チーム 下田 恭平

 

秋山 日奈(Akiyama Hina)

「地元が好き」と言う人が多い町って素敵だと思う。
そんな町を目指して、宮城の魅力を広く伝えたい。

 

私がユーメディアに入りたかった理由は、自分が生まれ育った仙台・宮城の魅力を広めたかったから。

そう言うとちょっと堅苦しく聞こえちゃうかもしれないし、今も千葉くんから「イイこと言う!」とツッコミがありましたが、単純に「地元が好き」と言える人が多い町って、素敵だなと思ったんですよね。そんな町を目指して、地元の素晴らしさや楽しさを多くの人に知ってもらいたいと考えていました。

実際に入社してみたら、まさに私が求めていた仕事! 現在は官公庁担当として観光振興の仕事に携わり、お客さんにさまざまな提案をしています。仕事で関わる方々は職種や立場もさまざまなので、自分の視野も大きく広がり、学生時代よりもアクティブになりました。

またユーメディアに入って感じたのは、女性が本当に働きやすい会社だということ。女性の先輩方が大活躍する姿に憧れますし、仕事が終わると気さくに飲み会にも誘ってくださるので、その「ノミニケーション」も毎回楽しみです。先輩と一緒に過ごす時間が、純粋に楽しいなと感じています。

 

 

千葉 洋裕(Chiba Yosuke)

明るく、楽しく、前向きに!魅力ある人に出会える
ユーメディアは、自分が成長できる場所。

ユーメディアに入社してから、積極的に人と出会いたいと思うようになりました。なぜかというと、いろんな話を聞けるチャンスだから。さまざまな人に出会える営業の仕事を通して、多くのことを吸収したいと考えています。また今回のワークショップのチャート図に「スマイル」とあるのは…、これを見た下田くんから「他の項目と比べて、異質感がすごい」とチャチャが入りましたが、社会人になってからスマイルが大事だと思ったんですよね。

たとえイヤなことでも笑顔でやると、自然と気持ちも前向きになる。つらい時でも笑顔でいられるようになったという点で、学生時代よりも進化しています(笑)。そして今の目標は、5年後の社会や自分を思い描きながら行動することです。将来のことを考えると多少の不安はありますが、今は仕事が楽しく、気持ちも前向き。

ユーメディアに入りたいと思ってくれている学生さんに対しても、「一緒に明るく楽しく働きましょう!」と伝えたいです。今、秋山さんからも「さすが、スマイリー!」という声がありましたね。ありがとうございます!

 

 

 

下田 恭平(Shimoda Kyohei)

目標にしたいと思える先輩方がたくさん!
若手も生き生きと、自分らしく働いています。

ワークショップで「こんなチャート図を書きました」と見せた瞬間、秋山さんが「振り幅がスゴイ!」と驚いていましたが、それほど学生時代と今の自分では変化があります。

 

入社してから痛感したのは、自分自身の未熟さ。いろんな人のいろんな良いところを見て、自分に足りない部分がたくさんあるなと気づきました。ユーメディアにはお手本にしたい先輩方がたくさんいるだけでなく、若手社員も生き生き。経験の浅い新人の意見も聞いてもらえますし、「これをやっちゃダメ」というのが少ないんです。

ある意味、突拍子もない考えや面白い発想を持っている人は、この会社にハマるんじゃないかと思います。

私の今後の目標は、会社にとって存在意義のある人になること。「ユーメディアの下田さんだからお願いしたい!」と言ってもらえるような、付加価値を感じてもらえる営業マンになりたいです。あとはプライベートの趣味として、料理にもっと時間をかけたいですね。本当は4時間くらいかけて…。「4時間かけて何を作るの?」って皆さん笑ってますけど、いろいろ作りたいものがあるんです。

 

阿部の取材後記

この記事でお伝えたかったことは、ユーメディアに入社した新人社員が、1年経った今も楽しみながら働いていること。また、働く活力を自分や周りとの関係から見つけられることでした。

1年間を振り返ると、「見た目以上の変化」があり、お客様のために「自分に出来ること」がたくさん増えている。

内面の変化を可視化するために、1年前の自分と今の自分を比較して、成長点を振り返りグラフにしてもらうワークショップを行いましたが、緊張しないで取材をうけてもらう工夫点でもありました。

彼らの成長を、この記事を通じて感じてもらえたら嬉しいです。

 

【取材スタッフ】
・ディレクション:メディアプロモーション部 クリエイティブチーム阿部 奈穂
・撮影 : メディアプロモーション部 クリエイティブチーム 下山 浩

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)