top02

【社長対談vol.09/JIMOTO】ともに挑戦する定禅寺通エリアの活性化<1>

―仙台協立様と弊社ユーメディアが会員となっている「定禅寺通活性化検討会」。

いよいよ2021年8月20日から9月7日まで「定禅寺通活性化検討会 大規模社会実験」が開催されます。ワーキンググループである「定禅寺ストリートアライアンス」で定禅寺通エリアの活性化のために尽力されている氏家社長が代表を務める株式会社仙台協立様の企業としての理念をお聞かせください。

 

氏家社長/地域から離れることのないのが不動産会社ですので、「エリアの価値を上げていくことで、敷地の価値を高めていく」というような考えで動いています。エリアの価値を上げていかないと、自分が持っている建物の価値も上がらないので、そこが両輪のようになることを心がけていますね。

もともとは自分の案件だけで事業ができれば良かったのですが、なかなかそれだけではいかなくなってきました。

 

今野/ユーメディアも共通するところがあります。

印刷やプロモーション用のツールも、企業に元気がないと使ってもらうことはできず、それは、地域が活性化していないと仕事にならないことにつながります。誰かが活性化してくれるのを待つのではなく、自分たちに何ができるのかを常に考えています。

もともと弊社は印刷業からスタートしましたから、まさに地場産業と言えます。現在は事業の幅も広げ、仙台・宮城・東北と視野も広げて、そのハブになるようにいろいろな動きをとっています。

 

氏家社長/現在は、当社の所有するビルの近くに絞って動いていますが、はじめて街づくりをやっていかなきゃいけないと思ったときがありました。当社が所有するビルの入居が悪くなった時に、新しい入居者層に変えていった時期がありました。個人オーナーさんに変えていったんです。

新しいビルの時は大きな会社が入っていたのですが、個人オーナーさんが入居するようになってきたら、周りにも店が増えてきて、いい街の循環ができました。個人事業者が街にでていくようになったときに、大きな視点での街づくりのイメージが持てたんです。これがいい街の形なんだろうなと。

そこから、自分の物件の価値を上げていけば周りにも波及していくという手前勝手な発想から変換し、最近はいろんな街づくりに参加するようになりました。

「敷地に価値なし、エリアに価値あり」と言う方の話を聞いて、地域の価値を上げていかないと単点でがんばってもたかが知れていると感じ、そこから段々と自分の所有エリアは少なくともしっかりと街づくりをやっていこうと思ったんです。なかなか全域という範囲で関わることは難しいんですけどね。

 

【8月27日(金)更新】
※令和3年8月27日より、宮城県が新型コロナウイルス等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言区域に指定されることを受けて、出店コンテンツ等を中止とさせていただきます。 詳しくは、定禅寺通活性化検討会公式ウェブサイト「JOZENJI STREET STREAM」をご確認ください。

 

1 2 3

Credit

Creative Director / 田向 健一
Interviewer & Writer / 若木 麻里

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)