IMG_3279

【2018年05月特集】―ユーメディアスポーツイベント「U情」第6回大会を開催!―

コミュニケーション支援企業だからこそ、社内のコミュニケーションも大事にしたい。

当社では、何十年も続く社内イベントが数多くあります。

一方で、社員のアイディアで新たに生まれるイベントもあります。

その一つが、ユーメディアのスポーツイベント「U情」。

社員間のコミュニケーションの活性化や健康増進を目的としたこのイベントは、印刷センターの社員を中心にスタートし回を重ねて今回で6回目。

「インディアカ(※1)」という競技をチーム対抗で行うものです。

「U情」とは、ユーメディアの情熱を結集する!という意味を込めて社員が考案しました。

2018年5月13日(日)に開催された第6回大会は、「原点回帰」をテーマに印刷センター・営業センター社員の混合10チームで熱戦を繰り広げました。

年代・性別・部門問わず集まった社員たちは、約50名。

普段はスーツや作業着を着て各拠点で仕事をする社員たちは、この日は新鮮なジャージ姿で朝から気合十分。「はじめます!」の一声で始まった試合は、第一試合から白熱!各コートから掛け声や歓声が飛び交いました。

どの試合も予想以上に接戦でデュースにもつれ込む試合もあり、試合を重ねるごとに体が慣れてきたのか鋭いスマッシュが炸裂する一方で、1年ぶりの試合に後半からヘトヘトになるメンバーも多く見られました。

また、決勝戦前に行われた印刷センターVS営業センターのフリースロー対決は女性社員の活躍もあり営業センターチームが見事勝利しました。

普段はそれぞれ違う場所で仕事をしていますが、今回のような部署・年代を越えたコミュニケーションが業務で活きる場面も多々あります。

これからも受け継がれてきた社内行事を大切に、さらに様々なコミュニケーションの機会をつくり、社員みんなでお客様と地域のために価値のある仕事を生み出していきたいと思います!

また、同日には杜の都を駆け抜ける「仙台国際ハーフマラソン大会」にも社員約5~6名が参加(ハーフ・5km)し、スポーツを通じて「社員交流」が盛んな日となりました。

 

■ 関連ページ

TOPページ>事業を支える取り組み>社内コミュニケーション

ユーメディア採用サイト>誰だってやりがいを持って長く働きたい!挑戦者を応援するユーメディアの職場・制度

 

(※1)インディアカ

羽根の付いた特殊なボールを手で打ち合う、バレーボールタイプのスポーツです。インディアカボールは、ラケットなどを用いずに直接手で打ち合うことも大きな特徴です。

Credit

Writer / 福田 由季(営業部所属)
Photo / 城内 充(印刷センター所属)

Category(カテゴリー)

Recent Topics(最新の特集)

Recommend(おすすめ情報)

一覧へ