1. TOP
  2. U-MEDIA MAGAZINE
  3. SDGs
  4. 『手紙/深沼ビーチクリーン記録展vol.2』・3月11日特別放送『手紙/特別版』

U-MEDIA MAGAZINE

『手紙/深沼ビーチクリーン記録展vol.2』・3月11日特別放送『手紙/特別版』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域の今と未来をみつめ、社会課題に向き合う。

地域とともに歩みを続ける企業として、ユーメディアグループは対話から「問う力」を磨き、みやぎを愛する人の想いと行動をつなぐ…、そんな活動が線となり面となり、広がりつつあります。

当社が大切にしている「深沼ビーチクリーン」活動。

それは人との出会いであり、丁寧に想いを重ね紡いでいくことから、地域課題に向き合い共創していくことです。

 

手紙/深沼ビーチクリーン記録展 vol.2

◆開催期間
2022年3月4日(金)~4月10日(日)
◆会場
仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区中野4丁目6)
3/4~3/18 10:00~17:00(最終入館16:30)
3/19~4/10 9:00~17:30(最終入館17:00)
入場無料(水族館入館料が必要)
◆展示内容
『深沼ビーチクリーン(海岸清掃)』の記録写真と詩の言葉等
ビーチクリーンから、わたしたちの街、海と森を考える展示。
◆主催
手紙/深沼ビーチクリーン実行委員会
 

詳細は、下記よりご覧いただけます。

手紙/深沼ビーチクリーン記録展 vol.2(ユーメディアグループサイト)

 

ラジオ3  3月11日特別放送『手紙/特別版』

記録展に関連した企画に、当社のグループ会社であり“ラジオ3”の愛称で呼ばれる(株)仙台シティエフエムが3月11日に『手紙/特別版』を特別放送いたします。 

ラジオ3「手紙」について
毎週日曜日の9:00~10:00(第2・4リピート放送)に、地域で様々な活動をする方々との手紙(メール往復書簡)のやり取りを通して、多様な視点で今起きている出来事を考える番組です。2018年からは毎年3月11日に【手紙】特別版として東日本大震災の特番放送をしています。進行は在仙の詩人・武田こうじ。自作の詩の朗読もあります。

◆放送日時/3月11日(金)16:00~19:00

ラジオ3はコミュニティエフエム局です。FM76.2MHz。ラジオをお持ちでない方も、全国のコミュニティFMをネット配信する「ListenRadio(リスラジ)」で全国どこからでも聴くことができます。

◆番組内容
・スペシャル対談「街の言葉」
様々なゲストを迎えて震災や災害からの復興と、地域のまちづくりや環境に関するテーマで対談を行います。
2月13日(日)と25日(金)に公開収録が行われ、収録した内容を編集後、3月11日特別放送『手紙/特別版』でオンエアいたします。


2月13日(日)の公開収録の様子。

2月13日(日)の公開収録では「深沼ビーチクリーンから、わたしたちの街、海と森を考える」をテーマにした対談では、当社取締役 今野彩子が手紙/深沼ビーチクリーン記録展の実行委員長として登壇させていただきました。

ビーチクリーンはごみを拾うという活動ではあるが、1人1人の想いが重なり合っていて、また、毎月継続しているからこその強さもある。ただそこには、“~せねばならない”といった答えはなく、曖昧であるが、そこも包み込んだ発信をしていきたい。メディアとしてこうした発信は難しいことではあるが、対話を複層的につくっていきたいと伝えさせていただきました。 

詳細は下記をご覧ください。

ラジオ3  3月11日特別放送『手紙/特別版』(ユーメディアグループサイト)

 

協力

海辺の図書館(外部リンク)
東日本大震災で津波被害を受けた宮城県仙台市荒浜にある本も建物もない図書館。深沼ビーチクリーン発起人である庄子隆弘さんが館長を務める。

仙台うみの杜水族館(外部リンク)
2015年にオープン。ビジョンは、海と人、水と人との新しい「つながり」をうみだす水族館。

海岸公園センターハウス(外部リンク)
荒浜地域の海岸公園核施設の総合案内所。各種会議に利用したり休憩スペースやレンタサイクル等がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Contacts

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ