事業を支える取り組み

社会貢献活動

CSR活動

仙台・宮城で創業し、地域と共に成長してきたからこそ、コミュニケーションを大切にし、さらなる信頼関係の構築を推進したいと考えています。現在はユニバーサルコミュニケーションデザインの推進、大活字本の印刷、インターンシップの受け入れ・キャリア教育支援の他、震災復興プロジェクトを実施しています。

全日本印刷工業組合連合会CSR認定

全日本印刷工業組合連合会が、印刷企業のCSRに関する取り組みを認定する制度です。CSR研究の第一人者である横浜市立大学の影山教授の監修のもと、印刷業が取り組むCSR取り組み項目をチェックリストを策定し、その基準の達成度をワンスター~スリースターまでの段階で認定しています。 当社では、ワンスター認定を受けています。

全日本印刷工業組合連合会CSR認定について

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)への取り組み

一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は、情報コミュニケーションにユニバーサルデザインの考え方を取り入れて、「見やすい、わかりやすい、伝わりやすい」コミュニケーションを実現する、という考え方を「ユニバーサルコミュニケーションデザイン」と名付け、普及活動を行っています。当社ではUCDA資格認定制度を活用し、UCDの実現を推進できる人材(プロデューサー/デザイナー)を育成しています。 

UCDAについて

大活字本の寄贈

富士ゼロックス株式会社様のユーザーで構成される会員組織「ドキュメントサービスフォーラム」は、弱視児童や生徒のために、教科書の文字や絵を大きくした「拡大本」を2008年より順次、全国71校の盲学校に寄贈しています。当社では東北にある3校の盲学校、小・中全学年に、「拡大漢字本」「英語単語帳」「世界の国旗の本」を印刷し寄贈しました。

インターンシップ、キャリア教育支援

毎年多くの大学からインターンシップの受け入れを行っています。企画制作やイベント運営における社員の仕事ぶりを間近で感じながら体験できるプログラムです。また、大学生や高校生に向けてのキャリア教育、職場見学の受け入れ等も行っています。

「ともにPROJECT」